九頭龍マラソン

雪男夫妻と九頭龍マラソン参戦。今年で3回目。思えば雪男さんに一昨年のこのマラソンに誘われたのが、自分のフルマラソン事始めであった。

 今年は春先から故障続きで、先月のハセツネもリタイヤしてしまったので、このレースは何としても完走することが目標。

終始ペースを押さえたにも関わらず35km以降は足が棒になったけど、何とか完走。靴ずれもなく、筋肉の変な違和感もなく走り終えることができたことがうれしかった。

レースにはゲッコー会員のO谷さんや、昔の仕事の取引先のKのさんも参加していて、良い表情をしておられた。

今年のレースはこれでおしまい。少し休んで、クライミングを中心に、来年の富士山へ向けてトレーニングを始動しよう。故障にはくれぐれも気をつけて。

 

金曜クラブ

水曜が大人の日なら、金曜は子供の日。今日も夕方のゲッコーは10人の子供に占拠された。

5歳~12歳までの個性溢れる男の子、女の子。今のところ何を教えるでもなく、ただトップロープで遊ばせているだけだが、あえて何も教えていないという面もある。

 ただ本能のおもむくままに登る子供たちに教えられることの方が多い。

彼らなりに登っている間いろいろな心の葛藤はあろうが、一心に高みをめざす姿を見ていると、そのシンプルさこそがクライミングの原点であることを思い出すのだ。

クライミングにしろ、ランニングにしろ、生活にしろ考え悩んで疲れてしまう大人の毎日。ここは子供を見習って、心を自由に解き放ち、登り、走り、暮らしてみよう。

あさっての九頭竜マラソンもそんなメンタリティーで完走したい。

女郎岩

鳳来湖の女郎岩に行ってきた。メンバー雪男氏、Oだくん。小滝橋の駐車場で雪男さんの知り合いの愛知のメンバー4人と合流。

 鳳来湖近くへ行けばいやでも目にする大岩壁だから、昔から存在は知ってはいたけれど、今になって登りに行こうとは思ってもいなかった。

 岩場基部までのアプローチがちょっと大変。湖面沿いの水平道を1時間半、踏み跡もしっかりとしたものではない。しかし、静寂の中、大凹角ルートから見下ろす宇連ダムや烏帽子岩が最高だった。クラックやマルチの技術をもっとしっかりとしたいという気持ちを強くして帰ってきた。

女郎岩 002blog.jpg

女郎岩 011blog.jpg

藤橋~称名ラントレ

2007年7月12日(木)1:00’12″60

2008年6月27日(金)53’42″94

     7月16日(水)56’44″08

     7月20日(日)59’13″44

     7月25日(金)富士登山競走(惨敗)

     7月27日(日)58’26″38

     8月  3日(日)56’44″23

     8月10日(日)55’38″77

     8月14日(木)56’05″32(参考)

     8月22日(金)54’32’06

     9月  2日(火)57’55″09

     9月12日(金)56’12″54

     9月17日(水)56’02″97

     9月23日(火)54’26″21

     9月28日(日)52’03″30

     10月10日(金)52’34″75

     10月17日(金)52’41″51

     10月31日(金)51’42″60

     11月  7日(金)51’06″95

2009年

     5月 9日(土)1:00’51″81

     5月15日(金)1:03’13″15

      5月29日(金)58’58″51

     6月 5日(金)58’25″41

     6月12日(金)58’17″39

     6月19日(金)56’56″64

     6月25日(木)58’36″48

     7月3日(金)54’58″63

     7月17日(金)57’50″92

2011年

     6月30日(木)1:01’30″93

           7月4日(月)1:02’32″68

     7月6日(水)1:11’01″00

     7月12日(火)1:13’40″93

     7月15日(金)1:07’43”

2012年

     6月20日(水)59’04″17

 

 

予定は半分しか消化できず

今日は九頭竜マラソンの調子を計るため、県総のクロカンを21周(44.1km)走る予定だった。

しかし、4周目からもう膝が痛くなり10周(21km)でやめた。腰痛等で動けなかった状態からここまで回復したと見るべきか、これでは完走は危ないとみるべきか?

いずれにせよ当日は42.195kmのランニングプランをきちんと立てて、無理をせずに完走したい。

ここ3週間ほど、子供がクライミング体験に来ている。今日は小2の女の子、小3男子、6歳男子二人。みんな活発で、トップロープクライミングを楽しんでいたようだ。小2の女の子は、ハーネスを付けてやるとき、「そこを触っちゃ、いや~ん」と言っておじさんを挑発してきた。

さてこれからこのガキンチョ達にいかに日本人の礼節を教えていこうか。

雑穀薄雪

   桂台より先は雪で閉鎖。ゲート前に車を止めて15分ほど歩いて岩場へ。今日はジョーズが上手に登れた。このブログを、イメージするゲッコーのホームページにするまでかなり時間がかかりそう。

 

IMG_1235blog.jpg

IMG_1238blog.jpg