ジムクライミングをライフスタイルに取り入れよう

ボルダリングジムの普及で、クライミングは身近なものになりました。

ボルダリングジムがない時代は自然の岩を求めて遠くまで出かけるしかありませんでした。クライミングを渇仰する人は近所の石垣をひそかに登ることさえした時代もあります。

日常というのはかけがえのないものではあるけれど、その有難さを人は見失いがち。それを少し離れてみることで、日常は輝きを取り戻す。

二足歩行の水平移動が主体の日々の生活に対し、四肢全身を駆使して垂直方向に時には3次元的に移動するクライミングは、非日常体験といえるかもしれません。

都市にできたボルダリングジムは、手軽な非日常空間。

一人で真剣にボルダリング課題に向かう時、あなただけの静かな時間が流れます。

仕事や学業、家事などの日常を忘れ、空間に体と心を遊ばせましょう。

ただ登るだけのシンプルなスポーツですが、一つの課題が登れた時の達成感は格別です。

登れない時、誰もが感じるのが自分の体重。

ボルダリングがきっかけとなり食生活を始め生活全般をヘルシーに整えるモチベーションにしている人が増えています。

 

近所のジムから始めて、自然の岩へと向かう人も多くいます。

ゲッコーはクライミングを通した、クオリティ・オブ・ライフの向上を応援します。