瑞牆山2014年1回目

 6月30日(月)工場長と瑞牆へ。本日の目標は「調和の幻想」。3:15集合。ヴィバルディーを聞きながら車を走らせる。幼き日、よく先生に叱られながらバイオリンを練習したなー。というのはウソ。

7:07植樹祭広場P着。7:21、P発。8:03、十一面岩末端壁「調和の幻想」取り付き着。

しかし、ルートは水が滴り光っている。思い切っていくか、やめるか、しばらく逡巡のち断念。

1時間弱ゆっくりして、一旦駐車場まで降りる。

m140630 001blog.jpg

ワイドクラックが「調和の幻想」取り付き

m140630 002blog.jpg

やっぱり「春うらら」は風格あるね。

戻る途中、Sッキー、Aらいず店長を見つけ、ちょっとしゃべって広場まで下る。

ここから近い「チョーサイコールーフの岩搭」を探し、そこへ。「錦秋のトラベルチャンス」5.11bをテンション交えて登り岩のてっぺんへ。景色が良かったので、工場長をセカンドビレー。

m140630 007blog.jpg

てっぺんより。

DSC_1114blog.jpg

てっぺんから懸垂下降。

そのあと「ねじねじの岩場」で少し遊んで、「ダイワハウチュ」、「キューピーママの岩搭」を適当に探し回っているうちに、本日の落とし穴があった。完全に迷ってしまった。

こんな場合、沢スジに降りるのが一番、初心者が陥りやすいミスなんだよなとわかりつつ、下ってみたり、いや待て、尾根筋に上へ登るべきだと登ったら、岩壁に遮られたりと…。結局、まったくのカンで最後に見た、ボルトが打ってある岩の方へトラバースしたら、運よくそこへたどり着いた。

2時間ほどの遭難であった。

DSC_1119blog.jpg

瑞牆みたいところで、考えなしにむやみに歩き回ってはいけない。

鹿の獣道が縦横の走り、しっかりした道はなく、わけがわからなくなる。小川山とは違い野生が濃い。

それで、疲れて本日終了。でも、しばらくは十一面岩に通いたい。

帰り松本のカモシカでランニング用の速乾Tシャツ買って、ラーメン大学で肉味噌ラーメン食べて帰宅。

明日から7月、1カ月ほどクライミング遠征はやめて、富士山トレに集中する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください