富士登山競走2014、北信越国体

 1年間トレーニングしてなかなか良い体調で挑戦した、7年目の富士登山競走であったが、結果は期待には程遠いものだった。今回初めて、「もう無理かな」という思いが脳裏をよぎる。

内心の落ち込みを、脇によけて、富士の翌日、北信越国体山岳競技・成年女子監督で金沢の山あいの医王山スポーツセンターへ。若い人の登りを見たり、富士レースの興奮が冷めて、落着いて考えてみると、少し前向きな気持ちになってきた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください