屏風山4

 風邪はほぼ治る。土日はジムの店番、水曜は天気悪そうなので、行ける時に行っておこうと屏風山へ。今日はDチ女王様と。7時半ジム発、10時半岩場着。

(本日のトレーニング内容)

女王は久々のリードと言うことで5.9から。

・エクササイズ 5.9 カンテ入門ライン。2人とも1撃。

・玉子スラブ 5.10a 2人とも1撃。

・ロンパールーム 5.9 スラブ。2人とも1撃。

・ダーリンスラブ 5.10a 2人とも1撃。女王のスラブの安定度はさすが。

・グランプリ 5.11a。

 出だしで私が何度も失敗していたら、女王から「代わりなさい!」とダメだし。楽勝で終了点間近まで登る。しかし、結局2人とも最後のマントルできず、次回の宿題。2トライでやめる。

・有希子の初恋 5.10a 私なんとか1撃。女王、クラックデビューということでトップロープで。クラックに挟まって、きわどい言葉を発しておられた。

・余裕のよっちゃん 5.8 私余裕なしで1撃。女王、クラックデビューということでトップロープで。

17:30ごろ岩場発。

天候も良く、楽しめた。屏風山は今や富山から気軽に行ける、クラック、スラブの練習場。晩秋~冬~早春にかけて、時間があまり取れないときに通って、ほとんどのルートを出来るだけ余裕を持って登れるようにしておきたい。そろそろ鳳来や小川山にも行きたいので、屏風山はあと2回位かな。

 

 

 

屏風山3&風邪

 水曜クラブ、オリジナルメンバー(M田さん、S棒くん)と今年3度めの屏風山。昨夜から風邪気味。熱のせいで、少しハイな気分。

 先々週ダメだった、たまごスラブ(仮)。今日はわりと簡単に登れた。といっても2撃。1回目は不用意にスリップ。5.10aでこれではだめですなー。

 アストロドーム右。S棒くんがトップロープでやるというので、自分もやらせてもらう。これも5.10a。なんとか1撃。次来た時はリードするか。

 ハッピークラック。これも5.10a。なんとかマスターで登れた。でも、まだまだ。フレンズを入れた位置が気に入らない。いろんなクラックを登ってもっとうまくなりたい。これをのぼったらフラフラになってきた。

 あとは、M田さん、S棒くんがアストロドーム左やるのを見たり…。体がえらくて、イブに触る気持ちも起きなかった。

帰りはひるがのまで運転して、あとは後部座席でダウン。ゲッコーに荷物置いて、帰宅して本当にダウンした。早く治そう。3月23日はいよいよ富士山にエントリだ!!

新ジム訪問

 Y江大魔王と松本の新しいジムに行ってきた。きれいでオシャレなジムでした。

真冬に戻った安房トンネル付近を抜け、青空の見える松本へ。初めてのクライミングスポットへ行くのはいつもに増して楽しい。自分のトレーニングにもなるし、ジムの参考にもなるし。

調子が上がっているとは言え、まだまだ弱い私は3級課題に集中。計7本完登出来た。

私が5撃位かかるのをY江大魔王は軽く1撃する。7本登るまでに35トライを要する私に対し、Y江先生は7トライ、さらに2段階位上のグレードをどんどん落としていく。帰る頃には登った内容や本数に大きな差が生じる。大魔王に勝とうとは思わないけど、なんとか引っ張っていってもらって、3級を1撃できるようになることが現在の目標。今の調子で行けばできると思う。

とにかく故障に気をつけて、登りまくり、走りまくることである。

能登和倉万葉の里マラソン2010

 マラソンに参加しました。7回目のフルマラソン。ゲッコーメンバーのO谷さんと参戦。

昨年3時間42分で走っているし、今回はきちんとトレーニングも出来ているので、目標は3時間40分以内だった…。体調も良かった…。

結果は3時間54分。昨年とは打って変って、厳しいコンディション。気温1度、冷たい雨、寒風(しかも向かい風)にやられた。

反省すべき点はいろいろあるし、タイム的には残念な結果だけど、確実に強くなっていることを確認できた。現在のトレーニング法は自分にとって正しいと思うので継続したい。

さて、いよいよ富士山に向けてのトレーニングに移行する。中間目標として、5月16日の柏崎潮風マラソンに出ようかどうしようか考え中。

屏風山2

 先週に引き続き岐阜県瑞浪の屏風山へ。今日(3月3日)は将棋魔王と二人で。

二人で平日の高速料金の割勘はちょっと痛いけど、クライミングの今のペースを中断したくないし、気心の知れた人と行く自然の岩場はとにかく楽しい。

 今日もたくさん落ちました。イブはダメダメ、でもハッピイクラックはなんとか登れた。玉子スラブ?でも落ちた。

 屏風山はやっぱりいい。20年以上昔、通った頃をだんだん思い出してきた。

今の調子でいろんな感覚や技術を取り戻したり、新たに摑んでいこう。

ほんの些細なことでも。テーピングの仕方、ナッツの決め方、回収の仕方、ジャムの決め方、クラックやスラブでの体の動かし方、ギアの整理整頓、岩場への道順…。

全て自分の体のどこかに眠っているものが少しずつ甦ってくるようだ。

そして、この覚醒を促してくれるのがゲッコーに来てくれる仲間からの刺激だと思う。

青色申告

 ちょっとというか、かなり気の重かった確定申告を完了。

ゲッコーともに生きていくということでの、とりあえず1年の区切りがついた。

個人的な財政の健全性は置いておいて、少しホッとした。

税務的な観点からみれば、フリーランサーとか個人事業主とかは「自己の危険と責任において、反復・継続・独立して業務を営む人」と規定されるそうだ。

これはまさにクライミングと同じ。クライミング、ジム経営、マラソン…その中にいろんなレベルがあると思うけど、自分の力量のなさを痛切に感じながらも、精一杯の冷静さ、判断力、行動力などを駆使して前へ進んで行きたい。