水トレ

 水曜日、雑穀の予定だったけど、濡れてそうなので桜ケ池へ。メンバー、雪男氏、Sっキー。

12:00現地集合だったので、のんびりと出かける。

11:00過ぎ到着したら、高岡アーのオーナーが少年を指導中。近い将来、強いクライマーに育つであろう若い芽を、丁寧に育てている6チャンに感動。

12:00 雪男、Sっキーが揃ったところでトレーニング開始。私は一昨日から喉がガラガラし風邪気味なので、今日はヤワヤワとやるつもり。富士山の疲れか?

そうこうしているうちに、最近ゲッコー後無沙汰のSボー、Nトミその他多数登場。桜ケ池のステージは、平日にして10名以上の人間が集まった。クライミング人口が確実に増えていることを実感する。

我がゲッコーにも遊びにきておくれ。

今日は気持ちよく7便。

 

桜 001blog.jpg

来週からランニングを再開する予定。

来年の富士山へ向けて、トレーニングの中だるみ防止に、10月大町マラソン、来年3月能登マラソンを走ろうと思っている。

今回は少しトレーニング法を研究し、まずは大町マラソンまでの12週間の計画をきちんと立てて実行したい。トレーニングで重視したいのは、追い込むトレーニングではなく回復走、有酸素走を積極的に取り入れ必要最小限のスピード走とかインターバル走を混ぜていくこと。心拍計も導入する。

クライミングのトレーニングでも今日の桜ケ池は回復走的位置付けでいい感じだった。

 

 

 

雑穀10

 月曜雑穀。メンバー妖精様、雪男氏、本日生岩ロープクライミングデビューのY森くん。

皆に今年100回位雑穀に来ているのでは?と言われたので、数えてみたら10回目だった。

昼ごろから雨の予報ながら、岩のコンディションは良好。不二越、チャック、ジョーズをオールナチュプロでまあまあスムーズに登れたので気持ち良し。14:57、さてサワコでもやるかと、ギアを揃え、シューズをはいたところに、お約束のような強雨。即、撤収。妖精様に「この雨男め」と罵倒され、泣きながら帰った。

今日は妖精&雪男という珍しいペアも見れてよかった。ゲッコーで技術を習得し、みんな仲良くなって、誰とでも安全にロープペアが組める、そんな輪を広めて行きたい。

本日デビューのY森くん、花崗岩のフリクションクライミングに戸惑いつつも楽しんでくれた様子。

しかし試練はクライミング以前にあった…

雑穀002blog.jpg

新品のロープをほどくのに、悪戦苦闘のY森くん。

 

ゲッコーではただいま生岩体験教室を準備中。ジムで一通りロープクライミング講習を体験されたかたといっしょに、県内唯一のフリークライミングゲレンデ「雑穀谷」に出かけます。

ジムで登るだけでももちろん楽しいですが、クライミングを長く人生の楽しみとするには、やはり生岩を登るべきだと思います。詳細は本サイト及びジムに近々掲示しますので、興味のある方は参加してみて下さい。ビールも岩登りもやっぱりナマが一番です。ウマイ!

 

富士登山競走2011

 4回目の富士登山競走挑戦、行ってきました。結果、今年も8合目敗退でした。

完全なる練習不足、運動不足。7合目辺りから全身が動かなくなってしまった。

今回は、トレーニングが全然足りないと思っていたので、出るのが恐かった。5合目関門が通れるのかも疑問だったけど、なんとかクリア。その時点で8合目までは楽しもうと気持ちを切り替え、富士からの雄大な景色を満喫しながら一歩一歩進んでいった。

5合目関門をクリアし、向こう3年間の挑戦権を得たので、来年は自信をもって臨めるように、日々練習を積み重ねて行きたい。毎年富士山にトライできる、元気な自分でいたいと思った。

富士 006blog.jpg

行き、中央道長坂付近からの富士山

富士 007blog.jpg

毎年7月第3か4金曜、登山競走で盛り上がる富士吉田

富士 008blog.jpg

駐車場を後にする時の富士山。登っている時は快晴だったが、今は雲に隠れてしまった。

 

7月15日~17日

 15日(金)藤橋~称名、富士山最終トレーニング。今日も調子悪く歩きを入れてしまう。

S沢校長のところで一服してから帰ろうと思い伺うと、飛んでみませんか?とお誘い。校長にぶら下がって快適な空中散歩を体験した。不思議なパラワールドの一端を見させていただいた。

ジムに戻ってキッズ教室。泣いたり笑ったりちょっと喧嘩したり、暑さの中でも子供は元気。

オジサンは少々疲れて、寝たと思ったら、16日(土)早朝から長野県北志賀高原へ。北信越国体山岳競技の審判員として。選手、監督、役員の皆さんご苦労様でした。急遽駆り出されたビデオ班の方もご苦労様でした。

北信越 006blog.jpg

こんなデカイ板壁、初めて見た。

北信越 018blog.jpg

選手を見守る監督。

どこの県も、選手の確保に苦労している。

本来「登山」や「クライミング」は、「競争」するものではない。と言ってしまえば、「勉強」だって「試験」のためだけにやるのではないし、「仕事」だって「昇進」や「査定」あるいは「お金」のためだけにやるのではない。そこに「楽しさ」や「やりがい」などを見出せなければ、人はすぐに燃え尽きてしまうだろう。それぞれの奥深さに触れることなく離れてしまうだろう。

そんなことを考えながらゲッコーでも、国体選手候補を地道に発掘していきます。

少年男女、成年男女諸君!クライミングの富山代表を目指しませんか?

話変わって、17日(日)の朝から腰が痛い。22日(金)のレースまで回復するのか?

 

 

またまた雑穀

 雑穀大好き。諸事情により、ここしか来れないのだが、全く飽きない。何年か前は雑穀なんて…とうそぶいたときもあったのだが…。

本日はO谷さんと。

(トレーニング内容)

不二越 ナチュプロセット、プリプロ、トップロープで計3回。ロープの流れを考えたセットが必要。

サワコ ナチュプロセットで1回。テン山。

スーパークラック 1回。1テン。

チャック ナチュプロで1回。

昔来日した英国のジェリー・モファットは非常に少ないプロテクションで小川山の「地獄の黙示録」をオンサイトした。確かにかっこいい。必要最小限のプロテクションやランナウトはクライマーの憧れではあるけど、今の私はそんなのは関係ない。重くても、持てるだけのカムやナッツを肩に掛け、取れるだけのプロテクションを取って登る。若いころランナウトが平気だったのは強かったからではない。気づかなかったからだ、墜落の危険性に。かっこ悪いとか、爺くさいとか何と言われようが自分なりに安全を感じながら楽しく登りたい。

雑穀 001blog.jpg

スーパークラック。この後何度も足がスリップ。RPは持ち越し。

東京、大阪、神戸の落選を乗り越え、立山マラニックに当選したO谷さん。N野くんの分まで頑張って下さい。私も来週の富士山頑張ります。

 

今日も雑穀

 先週から立て続けに称名滝あたりに来ている。

7月4日 藤橋~称名ラン

  5日 雑穀

  6日 藤橋~称名ラン

  8日 雑穀

そして今日も雑穀。明日、藤橋~称名ラン、明後日も雑穀の予定。

今日のメンバーは妖精さん。途中から大魔王も合流。17時まで目一杯登りたかったけど、2時半ごろから土砂降りになって撤収。不二越は上部でカムが足りなくなってボルト使ったけど、ジョーズはオールナチュプロでサラリと登れたので気持ちよかった。妖精さんもドア横、小川山へ行こう、白壁などサラリと登る。大魔王はアタックNo1にヌンチャク掛けたと思ったら雨降って来て残念。

しかしこの時季の土砂降りは、「雑穀の夏」って感じで、嫌いではないのだ。

ジムに戻ってギアを整理してからK日山荘で暇を潰していたら、金曜日の雑穀のパートナーが現れた。我々の出没場所はほぼ決まっている。山かジムに居なければ、カーマかムサシかTロルかK日…。

雑穀 007blog.jpg

「今日も雑穀に来てくれてありがとう」一匹の蝶が私の細い指に留まった。

雑穀 012blog.jpg

ハングを伝い落ちる雨が見えますか?

 

 

チューズデイ雑穀

 昨日急に決まって、Tッキー、妖精様、魔王と雑穀。

昨日も藤橋~称名を走って雑穀見に来たので2連ちゃん。明日も藤橋~称名走りに来るので3日続けてここに来ることになる。

10時前に雑穀着。壁はびちょびちょ。でも2時間程待っていたらほぼ乾いた。

(今日の私)

ジョーズ2回。プロテクションセットしながらではテンションかかる。持久力足らず。

チャック2回。

地獄行き2トライ。

ゲートが閉まる17:30ギリギリまで登って、すぐジムへ。

なかなかの盛況。ちょっと体動かすが疲れていてだめ。しかし妖精様は夜も元気だった。

昨日のランニングはワーストタイムだったし、岩場でもジムでも気力、頑張りが足りない。

Tっキーは地獄2撃、魔王もチャックをナチュプロRP、妖精様も頑張っている。

私もまだまだ頑張らなければならない。

 

 

藤橋~称名2011年

 富士山に向けて、藤橋~称名コースを走った。というよりヨタヨタと駆け足した。

タイムは1時間1分30秒93。ここ5年のワーストに近い。ほぼ2年ぶりにこのコースを走ったとはいえ、今年はこれまで猿倉2往復を23回やっているのでもう少し速く登れそうなもんだが…。

7月22日(金)の本番まで、トレーニングできるのは2週間。藤橋~称名をあと4回は走りたい。

とても完走できる体力じゃないけど、あの雄大な富士山にとことんいじめられるのが楽しみだ。

夜のゲッコーは、女性比率が高く、疲れたおじさんを慰めてくれた。感謝!