8月最初の週末と月曜雑穀

 8月6日(土)7日(日)暑い。こんなゲッコーでも来てくれる人がいて有り難い。

暑いときには汗をダラダラかき、寒いときには震えて登る。それが自然の岩登り、ゲッコースタイル。まあ、本物のエコですわな。

それはさておき年々腰周りやケツまわり、ハムストリングの張りというか疲れが取れず、登るにしても走るにしても躍動感がなくなってきている。トレーニング量を落とし質を高め、休養、回復を重視するようにしたい。そして技術を磨くこと。

月曜の雑穀を楽しみにして、日曜日中にたまっていた書き仕事を全て終わらす。

その割には雑穀ではなんだかマッタリとしてしまい、サンセット1回、不二越2回、チャック2回を登ったのみ。ここも暑い。しかし、パートナーのM木おとうさんは頑張っていた。

こんなに暑いのに、ミズガキ山は濡れていたということで、長野の佐久から雑穀へ来たというペアもいた。それだけ雑穀は奥が深いということか?「雑穀飽きた」と言うのはまだまだ早い。

どこにどんなプロテクションがとれるのか、ジョーズ、不二越、サワコ、チャック…、クラックの隅々までじっくりと舐めるように研究するのだ。

そういえば先週雨の中、チャックにセットしたカムを回収している時の発見。どんなにバチ効きのカムでも、そこに雨が流れ込むと少しずつ滑り出て来る。要注意!!城ヶ崎でもしおしおのヌルヌルクラックからカムがスッポ抜ける事故が頻発していると聞く。とにかく絶対安全ということはありえない。

気を引き締めて登るべし。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください