雑穀キャンプ

 11月10日夜、雑穀谷でキャンプ。日中はあいにくの雨模様。私は修理に出した車の引き取りなどもあって15時過ぎに雑穀着。濡れた岩にもかかわらず女王、Oッシーペアは登っていた。

カッパを着て、焚き火用の流木を集める。良く切れるのこぎりを持ってきて正解。岩に挟まれて回収できない太い流木も、何本か切断して持ってくることが出来た。

濡れた薪は着火に苦労したが、この暖かな赤い火がキャンプの醍醐味。

今回のキャンプはただ何となく雑穀で飲みたいな、というのがあったけど、来春遠くへ引っ越してしまう雑穀の女神ことM田さんの送別会でもある(すごく早すぎるが)。雑穀は間もなく雪に閉ざされ、飲み会をするにはそろそろ終わりだろうということで、この日に決めた。

 酔っ払ってしまって内容は忘れてしまったけれど、いろんな思い出話をしたり、各自持ち寄ったキャンプ料理を食べたり、相撲!?をとったり楽しい夜を過ごした。昼の天気とは打って変わって、夜は満天の星空。暗闇の中、大魔王が桂台から歩いて持ってきてくれたおでん、M田さんお手製のカレースープが心に沁みた。

来年もまたやりたいね。

z121110 016blog.jpg

 

z121110 030blog.jpg

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です